読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

ダブルベッドをDIY パパの日曜大工

息子が生まれて半年がたちました。

 

そこで重大な問題が起こったわけです。

 

 

収納が全然たりない!!

 

オムツ、おしりふき、洋服、おもちゃ

 

もともと嫁も俺も洋服が好きだから、クローゼットはギッシリだし、

3部屋あるウチの1部屋は倉庫兼パパの書斎になっているんだが、そこも荷物が多くなって来てヤバイ状況なのだ。

 

 

そ、こ、で

 

 

収納ができるダブルベッドを作っちゃいました

 

希望のスペック

洋服を入れられる引出しをつけたい

ベッド下に引出しをつけて、洋服を出し入れしたい。

通気性を良くしたい

ダブルベッドともなると毎回布団を干すのも大変だと思うからできるだけ通気性を良くしたい

簡単につくりたい

できるだけパーツを減らして簡単につくりたい

頑丈

当然強度はバッチリにしたい

 

設計図

 f:id:dadada1989:20170317102113j:image

カラーボックスを下に7個並べ

f:id:dadada1989:20170316182411j:image

その上に2×4木材を並べていく。

f:id:dadada1989:20170316182544j:image

下に並べてカラーボックスはこのように仕切りが入っている為、ちょうど両方に出し入れができるよう、真ん中に蓋を取り付ける。

f:id:dadada1989:20170316182810j:image

右側の板は後で引出し収納として使いたいので、外しておく

 

材料

2×4木材

2140mmの長さの物を14本

 

木材用ビス 100本

 

カラーボックス ×7個

横420×奥行300×高さ880mmを5個

 

 

横610×奥行300×高さ1070mmを2個

 

 

道具

電動ドリル

そこそこ値段はしますが、日曜大工に興味があるのならまず1番にオススメしたい工具。

これ一つあれば穴あけ、ヤスリがけ、ネジしめを素早く行えるうえに、この電池パックは他の製品にも流用が可能なので、他の商品が欲しくなっても使えるのも嬉しい!

最後に派生商品の紹介もします。

f:id:dadada1989:20170317103443j:image

 

ノコギリ

スケール【メジャー】

ヤスリ

ダンボー

 

組み立て

  1. カラーボックスを組み立てる
  2. カラーボックスをならべる
  3. その上に2×4木材をならべてビスで固定
  4. 蓋部分の加工
  5. ヤスリがけ

 

1.

まずはカラーボックスを説明書を見ながら組み立てていきます。

ネジを数本止めるだけで組み立てられますので、難しくはないと思います。

 

この時注意する事は、7個組み立てるウチの小さい方のカラーボックスは下の部分の板をつけずに、開けておきます。

f:id:dadada1989:20170316183301j:image

f:id:dadada1989:20170317092945j:image

 

2.

下に傷がつかないように先にもダンボールを敷き詰めてからカラーボックスをこのように並べる

f:id:dadada1989:20170317102113j:image

 

各カラーボックス同士が設置する面をビスで固定していきます。これはアバウトでもオッケーですが角の部分だけはシッカリと固定しましょう。

f:id:dadada1989:20170316183449j:image

 

3.

2×4木材をスノコ状に並べていきます。

この時注意する事は、ベッドの真ん中にくる収納の蓋部分の位置を決めておきます。

 f:id:dadada1989:20170317093006j:image

 

4.

蓋の作成

f:id:dadada1989:20170317102328j:image

f:id:dadada1989:20170317102330j:image

f:id:dadada1989:20170317102804j:imagef:id:dadada1989:20170317102807j:image

蓋はこの斜線の部分に載せる事になります。f:id:dadada1989:20170317103025j:image

その状態のまま裏からあて木をしてビスで蓋を組み立てていきます。

スノコをイメージしてもらうと分かりやすいですかね。

f:id:dadada1989:20170317103120j:image

f:id:dadada1989:20170317103155j:image

 

5.

残りの部分に長い2×4木材を並べていく。

決まりはないので隙間を大体で揃えて取り付けていきます。

一度全てを並べて隙間を揃えてマジックで印をつけておくとバッチリ

 

 

完成

なんということでしょう!

f:id:dadada1989:20170316180311j:image

見事に収納がタップリのダブルベッドが完成いたしました。

 f:id:dadada1989:20170317092945j:image

サイドの引出しにはカラーボックス用の引出しを設置し洋服を収納

 f:id:dadada1989:20170317102330j:image

真ん中の収納には普段使わないけど捨てると怒られる嫁の韓流グッズを収納することに成功。

 

これでかなり部屋が片付きました。

 f:id:dadada1989:20170317103402j:image

今回は時間が足りなかったので蓋の作成を5箇所だけで切り上げましたが、

f:id:dadada1989:20170317103836j:image

ボックスの他の部分も蓋を取り付ければ全てが収納になります。

 

 

また時間ができた時に息子用のベッドも横に作成する予定です。

 

 おすすめの電動ドライバー。

これが一つあるとカナリ便利。

バッテリーは14.4Vモデルが派生商品が多くおすすめ

 

 コードレス掃除機

階段の掃除や車内の掃除などで大活躍してくれる。

紙パックなしのタイプの方がコストパフォーマンスがよいのでオススメ

重い掃除機を二階に持ち運ぶのが大変だなって人にもオススメです。

電動ドリルとバッテリーを共有できるので本体のみの購入でオッケー

 

 

 充電式の懐中電灯

いざという時にそなえて明るい懐中電灯は必需品。

電池よりも長持ちする為結果的にコストパフォーマンスがよい。

この明るさで¥2000代は魅力。

購入する際の注意は電動ドリルのバッテリーを使うことを前提としているので、本体のみの購入でオッケー