読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

Buddy Buddyの抱っこ紐|見た目もオシャレ

生後2か月~病院への検診に行ったり買い物に行ったりと出かけることが多くなり、うちの嫁は元々細身で筋肉があまりないので、腱鞘炎になりそう!!

ということで抱っこ紐を購入しました。

以下、4か月使用した感想

BuddyBuddy 抱っこ紐

 

  1. おしゃれ
  2. 快適性
  3. 安全性

おしゃれ【デザイン】


あまりかわいいデザインの抱っこ紐だと気恥ずかしいってパパも多いと思います。

アーバンファンは落ち着いたカラーでパパがつけていてもカッコよく決まり、抱っこ紐を選ぶ上でかなり重視したポイントでもあります。笑

3Dデザインにより自然とベストポジションでの抱っこが可能になり、全体の見た目がスリムになります。

どんな洋服でも合わせやすく、コンパクトに収納ができることも好ポイント

 

 

快適性

 

日本人向けに開発された商品のため小柄なママでも簡単に装着することが可能

オシャレな物が多い欧米デザインの抱っこ紐
見た目は良いのですが、赤ちゃんを乗せる部分も肩掛けの部分も少し大きく長時間使用するとママの肩が痛くなったり、赤ちゃんの足の部分が擦れて赤くなったりとデメリットも多いです。

やはり日本人向けのアイテムの方がオススメできます。

 

安全性

 

赤ちゃんの落下を防止するセーフティサポートのお陰で抱っこ紐初心者にも安全に抱っこする事が可能になっており


首が座っていない赤ちゃんを横抱きする時に首をサポートするセーフティボードと言われる機能もついています。

このボードのお陰で首がカックンとなることを防ぎ安心、安全に使用する事ができます。


 




そしてカナリ重宝している、もう一つのアイテムがよだれカバー

f:id:dadada1989:20170309155430j:image

抱っこ紐を使うとちょうど赤ちゃんの口元が肩紐の一に来ます。
なので当然、紐を食べる食べるw

よだれカバーをしていないと紐はべちゃべちゃになってしまいます。

毎回抱っこ紐を洗うのは嵩張るし面倒ですよね。

このカバーを付けておけばカバーだけを取り外し洗濯できるので楽ちんですよ!